your smile, my happiness

~あなたの笑顔があるから幸せになれる。あなたの笑顔のために~

hero
No.20「自らの役割を果たす」

No.20「自らの役割を果たす」

新年、明けましておめでとうございます。

新たな一年が始まり、新たな取り組みを開始される方も多くいらっしゃると思います。

筆者自身も会社の新たな目標達成に向け気持ち新たにしておりますがが、そのような年初めにおいて、改めて自らの役割期待は何か?を深く考え、コミットメントをしていくのが重要な時期かと思います。

お客様や職場の仲間からの役割期待に対し、その期待に応えるべく粉骨砕身、取り組んでいき成果につなげることが重要です。ただ、その期待と同レベルの成果では、あくまで「期待通り」であり、その業務に携わる者=プロとしては最低限の責務を果たしただけではないかと思います(厳しいレベルでの目線であるとは思いますが・・)。

私たちが教育などで活用しているJTBのホスピタリティメソッドでいえば、その役割期待を超えた対応や成果を出していくことで、より相手からの評価が高まると考えています。もちろん、役割期待を100%果たすだけでも大変なのですが、自身、ひいては組織の成長につなげるためには、1%でも、0.1%でも自身の役割期待を超えることが成長につながると考えています。

私は「精神的報酬」の概念が大変好きなのですが、仕事を通してお客様や仲間に喜ばれる「有意義性」を感じるとき、仕事にやりがいを見出せます。だからこそ、そのやりがいを見出させてくれるお客様や仲間に心から感謝の気持ちで接することができるのだと思います。そこには、ホスピタリティのベースがあると思います。

自らの役割期待に応えていくことは、結果、周囲との関係を強固にし、かつ仕事のやりがいを見いだせていき、更なる高みへと成長する、という正のサイクルが回っていきます。

弊社も昨年の期の途中で新たな仲間が多く加わり、体制も大きく拡充をいたしました。創業以来コロナなどいろいろと悩まされる環境は続いておりますが、ようやく当初計画に近い体制で1年間をフルに走る整備が完了いたしました。新人のようなの気持ちで、そしてプロとして知見を高めて、皆様からの期待に応えられるよう、社員一同、精進してまいります。皆さま、本年もよろしくお願いいたします。

戻る